日頃の行い

個人的な日頃の行いをつらつら書いてます\\\\ ٩( 'ω' )و ////

JupyterLab上でjupyter-lspを使って補完してもらう

jupyter全然触ってなかったらjupyter labってのが出ててへーってなったりしてました。
Tabとか押したら補完してくれるんですが、もっとリッチにできないかなーと思ってらLanguageServerのextensionがあったので、今回はそれを試してみました。

動いたレポジトリはここ

GitHub - ara-ta3/jupyterlab-getting-started

$make install install/extension run

# pythonのパスがpython3じゃない場合は
$make install install/extension run PYTHON=python

で動くはずです

インストール

Installは本家を参考にやりました。
唯一困ったのは、そのままやってもpython用のLanguageServerが起動しなくて jupyter_notebook_config.json に追加したところでした。

https://github.com/krassowski/jupyterlab-lsp#installation

0. venvの設定とnode.jsの追加

デフォで入ってたpython3とnodebrewで入れたnodeを使いました。
nodeはjupyter-lspで使うらしいです。

$python3 -V
Python 3.7.6

$python3 -m venv venv

$source venv/bin/activate

$node -v
v12.15.0

1. pipでjupyterやらlspやらをインストール

$cat requirements.txt
jupyterlab
jupyter-lsp
python-language-server[all]

$ pip install -r requirements.txt
# ... 

2. jupyter extensionをインストール

$jupyter labextension install @krassowski/jupyterlab-lsp
# ...

# installされたversion
$jupyter --version
jupyter core     : 4.6.3
jupyter-notebook : 6.0.3
qtconsole        : not installed
ipython          : 7.12.0
ipykernel        : 5.1.4
jupyter client   : 5.3.4
jupyter lab      : 1.2.6
nbconvert        : 5.6.1
ipywidgets       : not installed
nbformat         : 5.0.4
traitlets        : 4.3.3

3. jupyter_notebook_config.jsonに設定追加

{
  "LanguageServerManager": {
    "language_servers": {
      "python": {
        "version": 1,
        "argv": ["python", "-m", "pyls"],
        "languages": ["python"]
      }
    }
  }
}

起動

$jupyter lab
# ...

ちゃんと出ました。便利。

f:id:arata3da4:20200221125607p:plain
Python3の補完

参考

qiita.com