日頃の行い

個人的な日頃の行いをつらつら書いてます\\\\ ٩( 'ω' )و ////

JupyterLab上でjupyter-lspを使って補完してもらう

jupyter全然触ってなかったらjupyter labってのが出ててへーってなったりしてました。
Tabとか押したら補完してくれるんですが、もっとリッチにできないかなーと思ってらLanguageServerのextensionがあったので、今回はそれを試してみました。

動いたレポジトリはここ

GitHub - ara-ta3/jupyterlab-getting-started

$make install install/extension run

# pythonのパスがpython3じゃない場合は
$make install install/extension run PYTHON=python

で動くはずです

インストール

Installは本家を参考にやりました。
唯一困ったのは、そのままやってもpython用のLanguageServerが起動しなくて jupyter_notebook_config.json に追加したところでした。

https://github.com/krassowski/jupyterlab-lsp#installation

0. venvの設定とnode.jsの追加

デフォで入ってたpython3とnodebrewで入れたnodeを使いました。
nodeはjupyter-lspで使うらしいです。

$python3 -V
Python 3.7.6

$python3 -m venv venv

$source venv/bin/activate

$node -v
v12.15.0

1. pipでjupyterやらlspやらをインストール

$cat requirements.txt
jupyterlab
jupyter-lsp
python-language-server[all]

$ pip install -r requirements.txt
# ... 

2. jupyter extensionをインストール

$jupyter labextension install @krassowski/jupyterlab-lsp
# ...

# installされたversion
$jupyter --version
jupyter core     : 4.6.3
jupyter-notebook : 6.0.3
qtconsole        : not installed
ipython          : 7.12.0
ipykernel        : 5.1.4
jupyter client   : 5.3.4
jupyter lab      : 1.2.6
nbconvert        : 5.6.1
ipywidgets       : not installed
nbformat         : 5.0.4
traitlets        : 4.3.3

3. jupyter_notebook_config.jsonに設定追加

{
  "LanguageServerManager": {
    "language_servers": {
      "python": {
        "version": 1,
        "argv": ["python", "-m", "pyls"],
        "languages": ["python"]
      }
    }
  }
}

起動

$jupyter lab
# ...

ちゃんと出ました。便利。

f:id:arata3da4:20200221125607p:plain
Python3の補完

参考

qiita.com

localstack上でSQS->Lambda(Scala製)の連携を動かしてみる

開発時にlocalstackをAmazon Resourceのモックとして使っていて、
前試してなんか動かなかったんだけど、ちゃんとやったら動いたのでそのメモです。

github.com

localstack上のSQSにメッセージを送ったら、localstack上でmappingされたScala製のLambdaがキックされる様子を観測するのがゴールです。
検証用に使ったコードはこちらです。

github.com

登場するコマンドたちのversion

$aws --version
aws-cli/1.16.260 Python/3.7.4 Darwin/18.7.0 botocore/1.12.250

$docker-compose --version
docker-compose version 1.24.1, build 4667896b

1. localstackの起動

docker-composeを利用しつつlocalstackのSQSとLambdaを起動します。
利用したlocalstackのversionは 0.10.6 です。
networksは内部で別のコンテナと通信したいときに指定するために使います。
(実は今回は使ってないですごめんね)

docker-compose.yml

version: "2"

services:
    localstack:
        image: localstack/localstack:0.10.6
        ports:
          - "4567-4597:4567-4597"
        environment:
            LAMBDA_EXECUTOR: docker
            DOCKER_HOST: unix:///var/run/docker.sock
            DATA_DIR: /tmp/localstack/data
            SERVICES: sqs,lambda
            DEBUG: 1
            # 内部APIを叩きたいときなどに使う
            LAMBDA_DOCKER_NETWORK: localstack-sqs-lambda_foo_network
        volumes:
          - "/var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock"
        networks:
            foo_network:

networks:
    foo_network:

2. Lambda Handlerの作成

特に強い意図はないのですが仕事で触れていたのがScalaだったのでScalaで書いています。
HelloWorldとメッセージに含まれるBodyを表示する感じです。

scala/src/main/scala/com/ru/waka/FooHandler.scala

package com.ru.waka

import com.amazonaws.services.lambda.runtime.{Context, RequestHandler}
import com.amazonaws.services.lambda.runtime.events.SQSEvent
import scala.collection.JavaConverters._

class FooHandler extends RequestHandler[SQSEvent, Unit] {
  override def handleRequest(input: SQSEvent, context: Context): Unit = {
    context.getLogger.log("Hello World from Scala Code\n")
    context.getLogger.log("Message's body is...\n")
    input.getRecords.asScala.foreach(r => {
      context.getLogger.log(s"${r.getBody}")
    })
  }
}

Lambdaにわたす際のビルドにはsbt-assemblyを利用しています。

github.com

ビルドの様子

$make -C scala build
# Lambdaのコードビルド
make[1]: Entering directory '/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala'
./tools/sbt/bin/sbt assembly
[info] Loading settings for project scala-build from build.sbt ...
[info] Loading project definition from /Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/project
[info] Loading settings for project scala from build.sbt ...
[info] Set current project to scala (in build file:/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/)
[info] Strategy 'discard' was applied to 32 files (Run the task at debug level to see details)
[info] Strategy 'filterDistinctLines' was applied to a file (Run the task at debug level to see details)
[info] Assembly up to date: /Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/target/scala-2.12/scala-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar
[success] Total time: 1 s, completed 2019/12/20 22:50:41
make[1]: Leaving directory '/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala'

3. SQSとLambdaの作成

次にlocalstack上にSQSとLambda、そしてそのマッピングを作成します。
Lambda作成時には 2. でビルドした成果物のjarファイルを上げています。

# SQSの作成
$aws --endpoint-url http://localhost:4576 \
    sqs create-queue --queue-name 'foo-queue'
{
    "QueueUrl": "http://localhost:4576/queue/foo-queue"
}

# Lambdaの作成
$aws --endpoint-url http://localhost:4574 \
    lambda create-function \
    --function-name 'foo-function' \
    --runtime=java8 \
    --role=dummyrole \
    --handler=com.ru.waka.FooHandler \
    --zip-file=fileb://./scala/target/scala-2.12/scala-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar
{
    "FunctionName": "foo-function",
    "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function",
    "Runtime": "java8",
    "Role": "dummyrole",
    "Handler": "com.ru.waka.FooHandler",
    "CodeSize": 10857096,
    "Description": "",
    "Timeout": 3,
    "LastModified": "2019-12-20T13:50:43.397+0000",
    "CodeSha256": "VJ4FGoNtdijTBO5acf/pu5WW/K/FQFytSH+x9WprcQc=",
    "Version": "$LATEST",
    "TracingConfig": {
        "Mode": "PassThrough"
    },
    "RevisionId": "fbaff8d2-6ac0-4498-879a-57b87cdd1466"
}

# SQSとLambdaのマッピング
$aws --endpoint-url http://localhost:4574 \
    lambda create-event-source-mapping \
    --event-source-arn arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue  \
    --function-name "foo-function"
{
    "UUID": "b07dc12c-5a74-490b-82b4-1e43abdb6761",
    "BatchSize": 100,
    "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue",
    "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function",
    "LastModified": 1576849845.0,
    "LastProcessingResult": "OK",
    "State": "Enabled",
    "StateTransitionReason": "User action"
}

これでSQSにメッセージを送ればLambdaがキックされてHello Worldが表示されるはずです。

4. メッセージを送る

aws cliからメッセージを送ってみました。
そうするとdocker-composeのログにINFOログが流れてきたのがわかります。

$aws --region us-east-1 --endpoint-url http://localhost:4576 \
    sqs send-message \
    --queue-url 'http://localstack:4576/queue/foo-queue' \
    --message-body 'hogehoge'
{
    "MD5OfMessageBody": "329435e5e66be809a656af105f42401e",
    "MD5OfMessageAttributes": "d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e",
    "MessageId": "c3aa9a0c-9c3d-4b61-a426-9d45a2b2595f"
}

# docker-composeのログ
localstack_1  | 13:50:42.627 [elasticmq-akka.actor.default-dispatcher-4] INFO  o.elasticmq.actor.QueueManagerActor - Creating queue QueueData(foo-queue,MillisVisibilityTimeout(30000),PT0S,PT0S,2019-12-20T13:50:42.597Z,2019-12-20T13:50:42.597Z,None,false,false,None,None,Map())
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:26:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_api: Found 1 source mappings for event from SQS queue arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue: ['arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function']
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:26:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_executors: Running lambda cmd: CONTAINER_ID="$(docker create -i  --entrypoint ""  -e DOCKER_LAMBDA_USE_STDIN="$DOCKER_LAMBDA_USE_STDIN" -e HOSTNAME="$HOSTNAME" -e LOCALSTACK_HOSTNAME="$LOCALSTACK_HOSTNAME" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_NAME="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_NAME" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_VERSION="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_VERSION" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_INVOKED_ARN="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_INVOKED_ARN" --network="localstack-sqs-lambda_foo_network" --rm "lambci/lambda:java8" bash -c 'cd /var/task; java  -cp ".:localstack-utils-fat.jar" "cloud.localstack.LambdaExecutor" "com.ru.waka.FooHandler" "event_file.json"')";docker cp "/tmp/localstack/zipfile.2c9c80b9/." "$CONTAINER_ID:/var/task"; docker start -ai "$CONTAINER_ID";
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:29:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_executors: Lambda arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function result / log output:
localstack_1  | ()
localstack_1  | >Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: Hello World from Scala Code
localstack_1  | >
localstack_1  | > Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: Message's body is...
localstack_1  | >
localstack_1  | > Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: hogehoge

ハマったところ

aws cliからメッセージを送った際、Regionが $HOME/.aws/config に記述されているデフォルトのRegionを見ていて ap-northeast-1 になっていました。
しかし、アプリケーション(Java SDK)から叩いた際にRegionを ap-northeast-1 に指定しても利用されるSQSは us-east-1 になってしまいました。
そのため、上記では us-east-1 を利用するようにしています。
他の言語のSDKがどうなっているかはわからないですが、ローカルでの開発用途になると思いますし、localstackに対してaws cliで叩くときにregionのオプションをつければいいだけになるので us-east-1 でとりあえず逃げることはできそうですね。

Java SDKから叩いた際のコード

scala/src/main/scala/com/ru/waka/SQSMessageSender.scala

package com.ru.waka

import com.amazonaws.regions.Regions
import com.amazonaws.services.sqs.AmazonSQSClientBuilder
import com.amazonaws.services.sqs.model.SendMessageRequest

object SQSMessageSender {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    val sqs = AmazonSQSClientBuilder
      .standard()
      .withRegion(Regions.AP_NORTHEAST_1)
      .build()
    val req = new SendMessageRequest()
        .withQueueUrl("http://localhost:4576/queue/foo-queue")
        .withMessageBody("Message from Scala Code")
    sqs.sendMessage(req)
  }
}

私のスプラトゥーンを脅かすゲームたち

この記事はSplathon Advent Calendar 2019 - Adventarの6日目の記事です
昨日は社畜さんが プラベはいいぞ - 畜log という記事を書いてくれました。
自分もプラベちょいちょい参加していて、XP2500, 2600↑の人たちがいると細かいところでも学びがあるのですごく楽しいです。
普段のガチマで会わないレベルのヒトとやるとやはり楽しいです。

私のスプラトゥーンを脅かすゲームたち

さて、今日はスプラトゥーンに関する内容ではなく、私のスプラトゥーンプレイを脅かしているゲームについて話します。

常日頃からXパワーを上げたいと思っているんですが、SteamやSwitch、PS4のいくつかのゲームが私を誘惑しスプラトゥーンから引き離していきます。
その凶暴さ恐ろしさをプレイ時間のランキングにしてお届けします。
ちなみに私はタワーディフェンスゲーム、ローグライクゲーム、ドット絵、BGMがいいゲーム(特にピアノ)が好きなのでそのへんが並びます。

興味を持ったらまず一旦買ってみてください。
買うだけでいいから。一旦買うだけでいいから。
それではプレイ時間順に第10位からです。

第10位 Baba Is You (プレイ時間 8時間)

ステージ内で定義されたルール自体を変更しながら解いていくパズルゲーム Baba Is You

store.steampowered.com

動かすキャラクターをどうするか、ゴールをどれにするかもフィールド上に存在するもので決まるので、
一貫してゴールがコレであるということはなく、固定観念に捕らわれていると解けなかったりします。
逆に日を変えるとスパッと解けたりするので、たまに軽くやってみたりするとすごく楽しくておすすめです。

第9位 Plague Inc (プレイ時間 14時間)

伝染病を全世界にまき散らせ Plague Inc

store.steampowered.com

伝染病を世界中にばらまくシミュレーションゲームです。
死に至らないよう脅威を隠しながら(潜伏)
世界中の人々に伝染し(塗り)
最後には伝染病に抵抗する人類を絶滅させていく(キル)ゲームです。
スプラトゥーンですね。
1プレイそこまでかからないので気楽な気持ちでたまにプレイできるのでおすすめです。
弊害としてこのゲームをやると咳き込んでるやつがマスクしてないとキレそうになります

また、同じ会社が出している現在早期アクセスゲームもあって、
似たゲームシステムだけど違うゲームなのでこちらもおすすめです。

store.steampowered.com

第8位 Moonlighter (プレイ時間 14時間)

不思議なダンジョンを冒険するのはアイテムショップのオーナー Moonlighter

store.steampowered.com

昼はアイテムショップを営み、夜は不思議なダンジョンに冒険に出る
ローグライク要素を持つアクションRPGとアイテムショップを経営するシミュレーションを合わせたようなゲームです。
不思議なダンジョンシリーズのようなローグライクゲームはターン制が基本ですが、
このゲームはアクション要素があります。
ゼルダの伝説の夢見る島のようなアクションレベルの感じです。
アイテムショップでお客さんの顔色を見ながら金額を決めてお金を稼ぎ、
村の外れにあるダンジョンの謎を解くストーリーを持つRPGです。
面白そうと思って買ったら1週間スプラトゥーンから引き離されました。

第7位 Northgard (プレイ時間 17時間)

store.steampowered.com

北欧神話がベースとなったリアルタイムシミュレーションゲームです。
Age of Empireにハマった時期があるのでふとやったらハマってしまいました。
木を切ったりや鉱石を掘ったりして資源を集め、
領地を広げていって他の軍を征服したりなんらかの方法で勝ちに行くようなゲームですね。
1ゲームが長いのでたまにやっているとプレイ時間が伸びがちなだけな気がしてきた。
(そして思い入れが少なくてキャッチコピー的なの浮かばなかったなんて言えない

第6位 Party Hard (プレイ時間 28時間)

全てのパーティーピーポーを滅ぼせ Party Hard

store.steampowered.com

ある日主人公が寝ていたら近くでパーティー始めたウェーイwwwがいたのでそれらを皆○しにするゲームです。
最高のゲームです。
ステージに4,50人パーティーで騒いでるウェーイwww達がいて、そいつらをギミックなどを駆使しつつ全滅させるのが目的です。
自分からナイフで倒すこともできるんですが、
見られたりすると通報されて警察に捕まりゲームオーバーになるので見られずに全滅させる必要があります。
あと5人なのに捕まったりすると絶望します()
ゲームのテーマはかなり残虐ですが、それなりの難易度があり手応えもあるのでおすすめのゲームです。

2も出ているのでWindowsお持ちの方はぜひこちらも!

store.steampowered.com

第5位 テイルズオブヴェスペリア (プレイ時間 50時間)

それぞれの「正義」が動き出す(キャッチコピーそのまんま) テイルズオブヴェスペリア

https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000004646ec.nintendo.com

store.steampowered.com

テイルズシリーズはちょいちょいやってたんですが、ヴェスペリアはやっていなくて、
Switchでリマスターが出て、いろんな友人におすすめされたのでやってみたら見事に時間が溶けました。
周回プレイをすると一生スプラトゥーンに戻れないと思って周回プレイはまだしていません()
テイルズシリーズは王道RPGという感じがしていて、たまにガッツリやろうと思ったときにやるとやっぱいいなと思います。
ストーリーは超雑に感想を述べるとThe 社会って感じがあって見ていて楽しかった印象でした。

ちなみに好きなセリフは
「お前は助かった命にいつか法をただすから今は我慢して死ねって言うのか!」と
「やはり犬の鼻は誤魔化せんか」です。

第4位 Kingdom Rushシリーズ (合計プレイ時間 51時間)

Kingdom Rush (プレイ時間 24時間)

store.steampowered.com

Kingdom Rush Frontiers (プレイ時間 17時間)

store.steampowered.com

Kingdom Rush Origins (プレイ時間 10時間)

store.steampowered.com

シリーズもののタワーディフェンスゲームです。
自分は大量に迫りくる大量の敵を自分がおいた仕掛けで止め続けるのが楽しすぎて、
タワーディフェンスゲームに目がないためにプレイ時間が伸びがちです。
4種類のタワーを適宜敵の進行ルートに置いて自分のゴールを守るそんなゲームです。
ガチホコバトルですね。

スマホにもあるみたいなのでぜひやってみてください

apps.apple.com

play.google.com

第3位 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド (プレイ時間 100時間)

100年待ったんだから1年くらいプレイしても大丈夫 ブレスオブザワイルド

www.nintendo.co.jp

リンク・・・リンク・・・と呼ばれて洞窟から外に出た先の景色
見えた全ての景色へと物理的に行くことができるオープンワールド
100年待ったんだから1年くらい大丈夫と思いながら広い大地を探し回ってしまう祠とその謎解きの楽しさ
当たらなければどうということはない。対決ライネル。
英傑たちのバラッドまで泣くんじゃない。
やってないヒトは絶対にプレイしましょう。

第2位 Dungeon Warfare (プレイ時間 147時間)

様々な罠でオリジナルのダンジョンを作ろう Dungeon Warfare

store.steampowered.com

おすすめランキングの実質1位のゼルダが終わったところでプレイ時間イーターのご紹介です。
Kingdom Rushシリーズに似ていますが、典型的なタワーディフェンスゲームです。
26種類のトラップをダンジョンに置き、大量の敵を処理するゲームです。
水や穴に敵を落としたり炎で焼き尽くしたり様々な組み合わせで楽しめるので時間が大量に消えます。
このゲームの悪いところは無限モードというものがあるところで、
文字通り無限に敵が出てきてそれを止めるダンジョンを作るのが楽しすぎるんですよね。
無限モード抜きでいろんなステージを遊ぶのも楽しいのでぜひ遊んでみてください。

スマホ版もあります。

ダンジョン・ウォーフェア

ダンジョン・ウォーフェア

  • Jin Man Kim
  • ゲーム
  • ¥370
apps.apple.com

play.google.com

第1位 Dungeon Warfare 2 (プレイ時間 186時間)

store.steampowered.com

2位の続編です。
周回プレイが可能になり、罠のレベルが1では50だったのが2では1000の代までいけるようになっていました。
めっちゃ強く鍛えた罠が大量の敵を潰しまくるのを見てるの最高に楽しくないですか?
見ろ!敵がゴミのようだ!ハッハッハッハ!ってなって最高です。
1とは違いアイテム集めの要素が加わったり、難易度調整のアイテムもありいろんな楽しみ方ができて良きです。
1ステージくらいならすぐ終わるしカジュアルに進められたりするので暇つぶしがてらやってみてください。

またもやスマホ版もあります。

ダンジョン・ウォーフェア2

ダンジョン・ウォーフェア2

  • Jin Man Kim
  • ゲーム
  • ¥610
apps.apple.com

play.google.com

その他

途中ちっちゃくコラム的にBGM、特にピアノがなー(オタク特有の早口)とか、
このゲームのストーリーがー(オタク特有のry)とか書こうと思ったんですが、
長くなりそうだったんでやめました。この辺の思い出話できる方は今度飲みに行ってください。

最後に

個人的おすすめの人生を削り取るゲームを紹介しました。
載せたゲームの合計時間は615時間でした。大分人生を削り取られている気がします。
でも、スプラトゥーンに疲れた日に少し気分転換してやるとリフレッシュできるし、
少し時間があいてからスプラトゥーンやるとやっぱ楽しいなってなるので、別のゲームをやるのもいいですね。

みなさんが大量に時間を費やしたゲームはなんですか?
おすすめがあったらTwitterや、はてブコメントとかでぜひ教えて下さい。

ではここでスプラトゥーン2のプレイ時間を見てみましょう。
3720時間(=155日)でした。
スプラトゥーン以外に削り取られた時間は1/6スプラトゥーンですね。
なーんだそうでもなかったわ。

明日はNullzakiさんの「スピナーはいいぞ」らしいです。
スピナー最近使っているので個人的にも楽しみです!

arata.hatenadiary.com arata.hatenadiary.com arata.hatenadiary.com