日頃の行い

個人的な日頃の行いをつらつら書いてます\\\\ ٩( 'ω' )و ////

JupyterLab上でjupyter-lspを使って補完してもらう

jupyter全然触ってなかったらjupyter labってのが出ててへーってなったりしてました。
Tabとか押したら補完してくれるんですが、もっとリッチにできないかなーと思ってらLanguageServerのextensionがあったので、今回はそれを試してみました。

動いたレポジトリはここ

GitHub - ara-ta3/jupyterlab-getting-started

$make install install/extension run

# pythonのパスがpython3じゃない場合は
$make install install/extension run PYTHON=python

で動くはずです

インストール

Installは本家を参考にやりました。
唯一困ったのは、そのままやってもpython用のLanguageServerが起動しなくて jupyter_notebook_config.json に追加したところでした。

https://github.com/krassowski/jupyterlab-lsp#installation

0. venvの設定とnode.jsの追加

デフォで入ってたpython3とnodebrewで入れたnodeを使いました。
nodeはjupyter-lspで使うらしいです。

$python3 -V
Python 3.7.6

$python3 -m venv venv

$source venv/bin/activate

$node -v
v12.15.0

1. pipでjupyterやらlspやらをインストール

$cat requirements.txt
jupyterlab
jupyter-lsp
python-language-server[all]

$ pip install -r requirements.txt
# ... 

2. jupyter extensionをインストール

$jupyter labextension install @krassowski/jupyterlab-lsp
# ...

# installされたversion
$jupyter --version
jupyter core     : 4.6.3
jupyter-notebook : 6.0.3
qtconsole        : not installed
ipython          : 7.12.0
ipykernel        : 5.1.4
jupyter client   : 5.3.4
jupyter lab      : 1.2.6
nbconvert        : 5.6.1
ipywidgets       : not installed
nbformat         : 5.0.4
traitlets        : 4.3.3

3. jupyter_notebook_config.jsonに設定追加

{
  "LanguageServerManager": {
    "language_servers": {
      "python": {
        "version": 1,
        "argv": ["python", "-m", "pyls"],
        "languages": ["python"]
      }
    }
  }
}

起動

$jupyter lab
# ...

ちゃんと出ました。便利。

f:id:arata3da4:20200221125607p:plain
Python3の補完

参考

qiita.com

localstack上でSQS->Lambda(Scala製)の連携を動かしてみる

開発時にlocalstackをAmazon Resourceのモックとして使っていて、
前試してなんか動かなかったんだけど、ちゃんとやったら動いたのでそのメモです。

github.com

localstack上のSQSにメッセージを送ったら、localstack上でmappingされたScala製のLambdaがキックされる様子を観測するのがゴールです。
検証用に使ったコードはこちらです。

github.com

登場するコマンドたちのversion

$aws --version
aws-cli/1.16.260 Python/3.7.4 Darwin/18.7.0 botocore/1.12.250

$docker-compose --version
docker-compose version 1.24.1, build 4667896b

1. localstackの起動

docker-composeを利用しつつlocalstackのSQSとLambdaを起動します。
利用したlocalstackのversionは 0.10.6 です。
networksは内部で別のコンテナと通信したいときに指定するために使います。
(実は今回は使ってないですごめんね)

docker-compose.yml

version: "2"

services:
    localstack:
        image: localstack/localstack:0.10.6
        ports:
          - "4567-4597:4567-4597"
        environment:
            LAMBDA_EXECUTOR: docker
            DOCKER_HOST: unix:///var/run/docker.sock
            DATA_DIR: /tmp/localstack/data
            SERVICES: sqs,lambda
            DEBUG: 1
            # 内部APIを叩きたいときなどに使う
            LAMBDA_DOCKER_NETWORK: localstack-sqs-lambda_foo_network
        volumes:
          - "/var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock"
        networks:
            foo_network:

networks:
    foo_network:

2. Lambda Handlerの作成

特に強い意図はないのですが仕事で触れていたのがScalaだったのでScalaで書いています。
HelloWorldとメッセージに含まれるBodyを表示する感じです。

scala/src/main/scala/com/ru/waka/FooHandler.scala

package com.ru.waka

import com.amazonaws.services.lambda.runtime.{Context, RequestHandler}
import com.amazonaws.services.lambda.runtime.events.SQSEvent
import scala.collection.JavaConverters._

class FooHandler extends RequestHandler[SQSEvent, Unit] {
  override def handleRequest(input: SQSEvent, context: Context): Unit = {
    context.getLogger.log("Hello World from Scala Code\n")
    context.getLogger.log("Message's body is...\n")
    input.getRecords.asScala.foreach(r => {
      context.getLogger.log(s"${r.getBody}")
    })
  }
}

Lambdaにわたす際のビルドにはsbt-assemblyを利用しています。

github.com

ビルドの様子

$make -C scala build
# Lambdaのコードビルド
make[1]: Entering directory '/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala'
./tools/sbt/bin/sbt assembly
[info] Loading settings for project scala-build from build.sbt ...
[info] Loading project definition from /Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/project
[info] Loading settings for project scala from build.sbt ...
[info] Set current project to scala (in build file:/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/)
[info] Strategy 'discard' was applied to 32 files (Run the task at debug level to see details)
[info] Strategy 'filterDistinctLines' was applied to a file (Run the task at debug level to see details)
[info] Assembly up to date: /Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala/target/scala-2.12/scala-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar
[success] Total time: 1 s, completed 2019/12/20 22:50:41
make[1]: Leaving directory '/Users/arata/.ghq/github.com/ara-ta3/localstack-sqs-lambda/scala'

3. SQSとLambdaの作成

次にlocalstack上にSQSとLambda、そしてそのマッピングを作成します。
Lambda作成時には 2. でビルドした成果物のjarファイルを上げています。

# SQSの作成
$aws --endpoint-url http://localhost:4576 \
    sqs create-queue --queue-name 'foo-queue'
{
    "QueueUrl": "http://localhost:4576/queue/foo-queue"
}

# Lambdaの作成
$aws --endpoint-url http://localhost:4574 \
    lambda create-function \
    --function-name 'foo-function' \
    --runtime=java8 \
    --role=dummyrole \
    --handler=com.ru.waka.FooHandler \
    --zip-file=fileb://./scala/target/scala-2.12/scala-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar
{
    "FunctionName": "foo-function",
    "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function",
    "Runtime": "java8",
    "Role": "dummyrole",
    "Handler": "com.ru.waka.FooHandler",
    "CodeSize": 10857096,
    "Description": "",
    "Timeout": 3,
    "LastModified": "2019-12-20T13:50:43.397+0000",
    "CodeSha256": "VJ4FGoNtdijTBO5acf/pu5WW/K/FQFytSH+x9WprcQc=",
    "Version": "$LATEST",
    "TracingConfig": {
        "Mode": "PassThrough"
    },
    "RevisionId": "fbaff8d2-6ac0-4498-879a-57b87cdd1466"
}

# SQSとLambdaのマッピング
$aws --endpoint-url http://localhost:4574 \
    lambda create-event-source-mapping \
    --event-source-arn arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue  \
    --function-name "foo-function"
{
    "UUID": "b07dc12c-5a74-490b-82b4-1e43abdb6761",
    "BatchSize": 100,
    "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue",
    "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function",
    "LastModified": 1576849845.0,
    "LastProcessingResult": "OK",
    "State": "Enabled",
    "StateTransitionReason": "User action"
}

これでSQSにメッセージを送ればLambdaがキックされてHello Worldが表示されるはずです。

4. メッセージを送る

aws cliからメッセージを送ってみました。
そうするとdocker-composeのログにINFOログが流れてきたのがわかります。

$aws --region us-east-1 --endpoint-url http://localhost:4576 \
    sqs send-message \
    --queue-url 'http://localstack:4576/queue/foo-queue' \
    --message-body 'hogehoge'
{
    "MD5OfMessageBody": "329435e5e66be809a656af105f42401e",
    "MD5OfMessageAttributes": "d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e",
    "MessageId": "c3aa9a0c-9c3d-4b61-a426-9d45a2b2595f"
}

# docker-composeのログ
localstack_1  | 13:50:42.627 [elasticmq-akka.actor.default-dispatcher-4] INFO  o.elasticmq.actor.QueueManagerActor - Creating queue QueueData(foo-queue,MillisVisibilityTimeout(30000),PT0S,PT0S,2019-12-20T13:50:42.597Z,2019-12-20T13:50:42.597Z,None,false,false,None,None,Map())
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:26:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_api: Found 1 source mappings for event from SQS queue arn:aws:sqs:us-east-1:000000000000:foo-queue: ['arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function']
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:26:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_executors: Running lambda cmd: CONTAINER_ID="$(docker create -i  --entrypoint ""  -e DOCKER_LAMBDA_USE_STDIN="$DOCKER_LAMBDA_USE_STDIN" -e HOSTNAME="$HOSTNAME" -e LOCALSTACK_HOSTNAME="$LOCALSTACK_HOSTNAME" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_NAME="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_NAME" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_VERSION="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_VERSION" -e AWS_LAMBDA_FUNCTION_INVOKED_ARN="$AWS_LAMBDA_FUNCTION_INVOKED_ARN" --network="localstack-sqs-lambda_foo_network" --rm "lambci/lambda:java8" bash -c 'cd /var/task; java  -cp ".:localstack-utils-fat.jar" "cloud.localstack.LambdaExecutor" "com.ru.waka.FooHandler" "event_file.json"')";docker cp "/tmp/localstack/zipfile.2c9c80b9/." "$CONTAINER_ID:/var/task"; docker start -ai "$CONTAINER_ID";
localstack_1  | 2019-12-20T13:53:29:DEBUG:localstack.services.awslambda.lambda_executors: Lambda arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:foo-function result / log output:
localstack_1  | ()
localstack_1  | >Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: Hello World from Scala Code
localstack_1  | >
localstack_1  | > Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: Message's body is...
localstack_1  | >
localstack_1  | > Dec 20, 2019 1:53:28 PM cloud.localstack.LambdaContext$1 log
localstack_1  | > INFO: hogehoge

ハマったところ

aws cliからメッセージを送った際、Regionが $HOME/.aws/config に記述されているデフォルトのRegionを見ていて ap-northeast-1 になっていました。
しかし、アプリケーション(Java SDK)から叩いた際にRegionを ap-northeast-1 に指定しても利用されるSQSは us-east-1 になってしまいました。
そのため、上記では us-east-1 を利用するようにしています。
他の言語のSDKがどうなっているかはわからないですが、ローカルでの開発用途になると思いますし、localstackに対してaws cliで叩くときにregionのオプションをつければいいだけになるので us-east-1 でとりあえず逃げることはできそうですね。

Java SDKから叩いた際のコード

scala/src/main/scala/com/ru/waka/SQSMessageSender.scala

package com.ru.waka

import com.amazonaws.regions.Regions
import com.amazonaws.services.sqs.AmazonSQSClientBuilder
import com.amazonaws.services.sqs.model.SendMessageRequest

object SQSMessageSender {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    val sqs = AmazonSQSClientBuilder
      .standard()
      .withRegion(Regions.AP_NORTHEAST_1)
      .build()
    val req = new SendMessageRequest()
        .withQueueUrl("http://localhost:4576/queue/foo-queue")
        .withMessageBody("Message from Scala Code")
    sqs.sendMessage(req)
  }
}

私のスプラトゥーンを脅かすゲームたち

この記事はSplathon Advent Calendar 2019 - Adventarの6日目の記事です
昨日は社畜さんが プラベはいいぞ - 社畜log という記事を書いてくれました。
自分もプラベちょいちょい参加していて、XP2500, 2600↑の人たちがいると細かいところでも学びがあるのですごく楽しいです。
普段のガチマで会わないレベルのヒトとやるとやはり楽しいです。

私のスプラトゥーンを脅かすゲームたち

さて、今日はスプラトゥーンに関する内容ではなく、私のスプラトゥーンプレイを脅かしているゲームについて話します。

常日頃からXパワーを上げたいと思っているんですが、SteamやSwitch、PS4のいくつかのゲームが私を誘惑しスプラトゥーンから引き離していきます。
その凶暴さ恐ろしさをプレイ時間のランキングにしてお届けします。
ちなみに私はタワーディフェンスゲーム、ローグライクゲーム、ドット絵、BGMがいいゲーム(特にピアノ)が好きなのでそのへんが並びます。

興味を持ったらまず一旦買ってみてください。
買うだけでいいから。一旦買うだけでいいから。
それではプレイ時間順に第10位からです。

第10位 Baba Is You (プレイ時間 8時間)

ステージ内で定義されたルール自体を変更しながら解いていくパズルゲーム Baba Is You

store.steampowered.com

動かすキャラクターをどうするか、ゴールをどれにするかもフィールド上に存在するもので決まるので、
一貫してゴールがコレであるということはなく、固定観念に捕らわれていると解けなかったりします。
逆に日を変えるとスパッと解けたりするので、たまに軽くやってみたりするとすごく楽しくておすすめです。

第9位 Plague Inc (プレイ時間 14時間)

伝染病を全世界にまき散らせ Plague Inc

store.steampowered.com

伝染病を世界中にばらまくシミュレーションゲームです。
死に至らないよう脅威を隠しながら(潜伏)
世界中の人々に伝染し(塗り)
最後には伝染病に抵抗する人類を絶滅させていく(キル)ゲームです。
スプラトゥーンですね。
1プレイそこまでかからないので気楽な気持ちでたまにプレイできるのでおすすめです。
弊害としてこのゲームをやると咳き込んでるやつがマスクしてないとキレそうになります

また、同じ会社が出している現在早期アクセスゲームもあって、
似たゲームシステムだけど違うゲームなのでこちらもおすすめです。

store.steampowered.com

第8位 Moonlighter (プレイ時間 14時間)

不思議なダンジョンを冒険するのはアイテムショップのオーナー Moonlighter

store.steampowered.com

昼はアイテムショップを営み、夜は不思議なダンジョンに冒険に出る
ローグライク要素を持つアクションRPGとアイテムショップを経営するシミュレーションを合わせたようなゲームです。
不思議なダンジョンシリーズのようなローグライクゲームはターン制が基本ですが、
このゲームはアクション要素があります。
ゼルダの伝説の夢見る島のようなアクションレベルの感じです。
アイテムショップでお客さんの顔色を見ながら金額を決めてお金を稼ぎ、
村の外れにあるダンジョンの謎を解くストーリーを持つRPGです。
面白そうと思って買ったら1週間スプラトゥーンから引き離されました。

第7位 Northgard (プレイ時間 17時間)

store.steampowered.com

北欧神話がベースとなったリアルタイムシミュレーションゲームです。
Age of Empireにハマった時期があるのでふとやったらハマってしまいました。
木を切ったりや鉱石を掘ったりして資源を集め、
領地を広げていって他の軍を征服したりなんらかの方法で勝ちに行くようなゲームですね。
1ゲームが長いのでたまにやっているとプレイ時間が伸びがちなだけな気がしてきた。
(そして思い入れが少なくてキャッチコピー的なの浮かばなかったなんて言えない

第6位 Party Hard (プレイ時間 28時間)

全てのパーティーピーポーを滅ぼせ Party Hard

store.steampowered.com

ある日主人公が寝ていたら近くでパーティー始めたウェーイwwwがいたのでそれらを皆○しにするゲームです。
最高のゲームです。
ステージに4,50人パーティーで騒いでるウェーイwww達がいて、そいつらをギミックなどを駆使しつつ全滅させるのが目的です。
自分からナイフで倒すこともできるんですが、
見られたりすると通報されて警察に捕まりゲームオーバーになるので見られずに全滅させる必要があります。
あと5人なのに捕まったりすると絶望します()
ゲームのテーマはかなり残虐ですが、それなりの難易度があり手応えもあるのでおすすめのゲームです。

2も出ているのでWindowsお持ちの方はぜひこちらも!

store.steampowered.com

第5位 テイルズオブヴェスペリア (プレイ時間 50時間)

それぞれの「正義」が動き出す(キャッチコピーそのまんま) テイルズオブヴェスペリア

ec.nintendo.com

store.steampowered.com

テイルズシリーズはちょいちょいやってたんですが、ヴェスペリアはやっていなくて、
Switchでリマスターが出て、いろんな友人におすすめされたのでやってみたら見事に時間が溶けました。
周回プレイをすると一生スプラトゥーンに戻れないと思って周回プレイはまだしていません()
テイルズシリーズは王道RPGという感じがしていて、たまにガッツリやろうと思ったときにやるとやっぱいいなと思います。
ストーリーは超雑に感想を述べるとThe 社会って感じがあって見ていて楽しかった印象でした。

ちなみに好きなセリフは
「お前は助かった命にいつか法をただすから今は我慢して死ねって言うのか!」と
「やはり犬の鼻は誤魔化せんか」です。

第4位 Kingdom Rushシリーズ (合計プレイ時間 51時間)

Kingdom Rush (プレイ時間 24時間)

store.steampowered.com

Kingdom Rush Frontiers (プレイ時間 17時間)

store.steampowered.com

Kingdom Rush Origins (プレイ時間 10時間)

store.steampowered.com

シリーズもののタワーディフェンスゲームです。
自分は大量に迫りくる大量の敵を自分がおいた仕掛けで止め続けるのが楽しすぎて、
タワーディフェンスゲームに目がないためにプレイ時間が伸びがちです。
4種類のタワーを適宜敵の進行ルートに置いて自分のゴールを守るそんなゲームです。
ガチホコバトルですね。

スマホにもあるみたいなのでぜひやってみてください

Kingdom Rush

Kingdom Rush

  • Ironhide S.A.
  • ゲーム
  • 無料
apps.apple.com

play.google.com

第3位 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド (プレイ時間 100時間)

100年待ったんだから1年くらいプレイしても大丈夫 ブレスオブザワイルド

www.nintendo.co.jp

リンク・・・リンク・・・と呼ばれて洞窟から外に出た先の景色
見えた全ての景色へと物理的に行くことができるオープンワールド
100年待ったんだから1年くらい大丈夫と思いながら広い大地を探し回ってしまう祠とその謎解きの楽しさ
当たらなければどうということはない。対決ライネル。
英傑たちのバラッドまで泣くんじゃない。
やってないヒトは絶対にプレイしましょう。

第2位 Dungeon Warfare (プレイ時間 147時間)

様々な罠でオリジナルのダンジョンを作ろう Dungeon Warfare

store.steampowered.com

おすすめランキングの実質1位のゼルダが終わったところでプレイ時間イーターのご紹介です。
Kingdom Rushシリーズに似ていますが、典型的なタワーディフェンスゲームです。
26種類のトラップをダンジョンに置き、大量の敵を処理するゲームです。
水や穴に敵を落としたり炎で焼き尽くしたり様々な組み合わせで楽しめるので時間が大量に消えます。
このゲームの悪いところは無限モードというものがあるところで、
文字通り無限に敵が出てきてそれを止めるダンジョンを作るのが楽しすぎるんですよね。
無限モード抜きでいろんなステージを遊ぶのも楽しいのでぜひ遊んでみてください。

スマホ版もあります。

ダンジョン・ウォーフェア

ダンジョン・ウォーフェア

  • Jin Man Kim
  • ゲーム
  • ¥370
apps.apple.com

play.google.com

第1位 Dungeon Warfare 2 (プレイ時間 186時間)

store.steampowered.com

2位の続編です。
周回プレイが可能になり、罠のレベルが1では50だったのが2では1000の代までいけるようになっていました。
めっちゃ強く鍛えた罠が大量の敵を潰しまくるのを見てるの最高に楽しくないですか?
見ろ!敵がゴミのようだ!ハッハッハッハ!ってなって最高です。
1とは違いアイテム集めの要素が加わったり、難易度調整のアイテムもありいろんな楽しみ方ができて良きです。
1ステージくらいならすぐ終わるしカジュアルに進められたりするので暇つぶしがてらやってみてください。

またもやスマホ版もあります。

ダンジョン・ウォーフェア2

ダンジョン・ウォーフェア2

  • Jin Man Kim
  • ゲーム
  • ¥610
apps.apple.com

play.google.com

その他

途中ちっちゃくコラム的にBGM、特にピアノがなー(オタク特有の早口)とか、
このゲームのストーリーがー(オタク特有のry)とか書こうと思ったんですが、
長くなりそうだったんでやめました。この辺の思い出話できる方は今度飲みに行ってください。

最後に

個人的おすすめの人生を削り取るゲームを紹介しました。
載せたゲームの合計時間は615時間でした。大分人生を削り取られている気がします。
でも、スプラトゥーンに疲れた日に少し気分転換してやるとリフレッシュできるし、
少し時間があいてからスプラトゥーンやるとやっぱ楽しいなってなるので、別のゲームをやるのもいいですね。

みなさんが大量に時間を費やしたゲームはなんですか?
おすすめがあったらTwitterや、はてブコメントとかでぜひ教えて下さい。

ではここでスプラトゥーン2のプレイ時間を見てみましょう。
3720時間(=155日)でした。
スプラトゥーン以外に削り取られた時間は1/6スプラトゥーンですね。
なーんだそうでもなかったわ。

明日はNullzakiさんの「スピナーはいいぞ」らしいです。
スピナー最近使っているので個人的にも楽しみです!

Splathon Ladder#3 にAjitoonで参加してきた

こんにちは、Dungeon Warfare2というゲームに時間を溶かしまくっています。
経験値稼ぎしてたらレベル5000(カンスト)いきました。
スマホ版もあるよ!
はい。

さて、Splathonというコミュニティで行われたLadder#3の振り返りです。
とりあえずの感想を伝えたいのですが、とにかく楽しかった!!!!!最高!!!!!!!

Splathonとは?

kawakubox.hatenablog.com

Ladderって?

Splathon Ladder #1 について

Ajitoon

※ 由来をほとんど話したことなかったけど、 Ajitoonは鯵ではなくて社内バーのAJITOを文字ってつけられています。
今回のAjitoonのLadder#3結果は、
6位 -> 8位 -> 11位 -> 11位 -> 8位 -> 5位で最終5位でした。やったね!
11位に行ったときは、あれ?Splathon10では何位でしたっけ?
みたいな気持ちになったりしていました。

イカしたメンバー

名前 ブキ ミドルリーグ関係
Aratoon マニュ系, スピナー系, その他 傍観者
Sakamotoon フデ系, クラネオ (コーチ) おっさんずラブ
Protoon カーボンローラー(デコ) (選手) 優勝のトライフォース
ごまちゃんさん 96ガロン (選手) 餃子日和

みんなミドルリーグに関わってるから試合も見てくれよな!

感想

試合の結果がメッセージでメンションしてどなたかに書いてもらうという状況からSlackコマンドになったりして、すごく便利になりました!
運営の皆さまありがとうございました!

日程のやりとりも慣れている方々ばかりだったのかかなり楽でした!
加えて先に言ってくださる方々ばかりだったので自分の社会人力を疑う日々でした😇
あとSlackで動いているコードがGithubとかにpublicに上がってるとPR上げたりもできるんでそのへんもうちょいpublicにされてると嬉しいなーという気持ちにもなりました。
Ladderのリーダーチャンネルもpublicにみんな見えてると他メンバーに進捗見えて嬉しくなります。

ここからは試合の感想

1試合目

挑戦:負け
防衛:負け

やばいノヴァの人がいないぞ!と思ったらやばいキャンプの人がいてめっちゃつらかったw
うちのチームキャンプに弱すぎるって気づけたので良かったです。
ボム無いからね。スプリンクラーとかビーコンじゃね。仕方ないね。

挑戦 [1-05] 06位 Ajitoon vs 05位 あなたのノヴァブラスターになりたい

www.youtube.com

防衛 [1-07] 08位 前夜祭 vs 06位 Ajitoon

www.youtube.com

2試合目

挑戦:負け
防衛:負け

このときは確かクアッド持ったら結構キル取れるなって思って、
調子に乗ってクアッドを試したけどやっぱりダメだったよみたいな感じになってしまっていました。

挑戦 [2-06] 08位 Ajitoon vs 05位 ぷんぷん丸

www.youtube.com

防衛 [2-09] 11位 ペンキぬり vs 08位 Ajitoon

www.youtube.com

3試合目

挑戦:負け
防衛:勝ち

2試合目に負けたペンキぬりとの再戦だーと思いつつ、
このときから確かスピナーつよつよマンのmi-kunさんが入ってきていて、
結構スピナーを持つようになっていた自分としてはここでお前を越えていく!!という気持ちで戦っていました。(勝てなかった
気持ちはこんな感じ

f:id:arata3da4:20190904021200j:plain
俺はお前を越えていく(越えられませんでした)

悔しい

悔しい!

悔しいぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!

はい。
イカスに勝てなかった記憶が強い。
防衛は安定して勝利できてよかった。

挑戦 [3-09] 11位 Ajitoon vs 08位 ペンキぬり

www.youtube.com

防衛 [3-12] 14位 ハイカラスクエア駅前会計事務所 vs 11位 Ajitoon

www.youtube.com

4試合目

挑戦:勝ち
防衛:勝ち

個人的にはこのときあたりから自分が長射程持っても仕方ないなってなってきていた。
仕方ないなってのは、長射程武器がAjitoonというチームとの相性がそれほど良くないという気持ちになっていたりした感じですた
この後 #middlenai のプラベで比較的スパッタリーが刺さっていたので、短射程を持つ気持ちにここで変えるなどしました。

ぷんぷん丸はLadder#2とかでも対戦した相手で、全く勝てなかった印象だったので勝ててよかった。
短射程が多くて勢いがあるので、こちらも短射程並べて勢いで当たれたのが良かった気がします。

防衛は短射程だけで勝っていこうとしたらまだ早かった感じがあった。
ヤグラは射程なしでもいけるんじゃないかって個人的には思っていたけど、
ブラスターが強かったなぁ+スペシャルの合わせが強かった。

挑戦 [4-08] 11位 Ajitoon vs 08位 ぷんぷん丸

www.youtube.com

Aratoon視点

www.youtube.com

防衛 [4-10] 15位 NuRItaclesワカメ vs 11位 Ajitoon

www.youtube.com

5試合目

挑戦:勝ち
防衛:None

素直に勝てて嬉しかった。
ここは前のLadder#2で全員ミサイルで無限にミサイル撃たれ続けた思い出があり、
絶対に許さないかんなという気持ちを持っていました←
自分が後ろよりの武器を持っているときに仕事が全くできなくて沼っていたので申し訳なかった。
ホコとかのルールで相手が比較的重い編成に対してこっちは前よりな編成で勝てたので良かった。

挑戦 [5-06] 08位 Ajitoon vs 05位 NuRItaclesカスタードクリーム

www.youtube.com

防衛

なし

6試合目

挑戦:負け
防衛:勝ち

挑戦側、ひどかったw
防衛側、どうにか守りたくて守れてよかった。
挑戦は防衛で完全に力尽きてたのかなんか噛み合わないなって言ってたら終わってたw
噛み合ってても怪しいのに噛み合ってなかったらそらダメなのでちゃんと集中してこうなってなりました。
防衛は本来得意と思っていたホコでしっかり勝てたのでよかった。
これ勝てれば5位には居座れるから絶対勝ちたいって思っていたので本当に良かったです。

挑戦 [6-03] 05位 Ajitoon vs 03位 都立道玄坂高校イカ部(仮)

www.youtube.com

防衛 [6-06] 08位 NuRItaclesカスタードクリーム vs 05位 Ajitoon

www.youtube.com

さいごに

本当に楽しかった!
運営の方々も対戦相手の方々もありがとうございました!
次回のLadder#4もあったら参加していきたいと思います\\\ ٩( 'ω' )و ////

Travis CIからSlackに通知できなくて困った

個人のレポジトリからタイトル通り通知させようとしたら全然できなくて困った話です。
結論Slackのドキュメントが少し古いのか間違っていて、
.travis.ymlに生成される設定が間違ったものになってしまうことが原因でした。

Slackの設定(間違ってるやつ)

TravisCIのSlackの設定はここですね。
https://my.slack.com/apps/A0F81FP4N-travis-ci

追加しようとするとこんなコマンドを打ってねと出てきます。
accountの部分が間違ってるのかと思ったんですが、URLのslack.comの前のやつでいいみたいですね。

travis encrypt "<account>:<見せられないよのやつ1>" --add notifications.slack

このコマンドだとこんなのが生成されます。

 notifications:
  slack:
    secure: 見せられないよのやつ2

ここで便利だったのが travis lint というコマンドで、間違ってる項目がある場合教えてくれます。

$travis lint
Warnings for .travis.yml:
[x] in notifications.slack section: unexpected key secure, dropping

そんなものはないからdropしたよって話でした。
つらい。

Travisのドキュメント(合ってるやつ)

TravisCI上のドキュメントを読むと正しいコマンドがあって、 roomsを付ける必要があるようです。

travis encrypt "<account>:<token>" --add notifications.slack.rooms

docs.travis-ci.com

notifications:
    slack:
        rooms:
            secure: 見せられないよのやつ3

lintも試しに見てみると大丈夫そうです。

$travis lint
Hooray, .travis.yml looks valid :)

その後pushしたら通知されました。
でめたしでめたし。
その後一応Slackにも問い合わせしたので、もしかしたらこれを見てることには直っているかもしれません。

ScalikeJDBCでMySQLにREPLACE INTOのクエリを投げるだけ

こんばんは、普段ScalaMySQL用のライブラリにScalikJDBCを利用していて、
QueryDSLをよく使ったりしているんですが、
ふとMySQL固有のクエリを使いたくなった時に、テーブル名やカラム名はべた書きではなく、
case classに定義しているものを使いたいんだけど、
どれを参照すればいいのか正直わからんってなったので、それで調べたときのメモです。

検証したコードはここに置きました。

github.com

ScalikeJDBC

ScalikeJDBC

QueryDSL

QueryDSL - ScalikeJDBC

こんな感じにScalaコードでSQLを書けます

val u = UniqTestRecord.syntax
val rs = withSQL(select.from(UniqTestRecord as u))
  .map(rs => (rs.long(u.resultName.id), rs.long(u.resultName.otherId)))
  .list()
  .apply()

REPLACE INTO

成約に引っかかるデータがあった場合、データを削除して挿入してくれるやつですね

MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 13.2.8 REPLACE 構文

テーブル準備

REPLACE INTOを使いたいときは、ユニーク成約がある際などに、
既にレコードがあるなら特に何もせず、レコードがないならレコードをInsertして欲しいみたいな時に使うかと思います。
なので今回は適当にユニーク成約を持ったこんなテーブルを用意しました。

create table uniq_test (
    id              int unsigned not null,
    other_id        int unsigned not null,
    unique (id, other_id)
);

書いたコード

最終的に書いたコードはこちらです。
scalike-jdbc-mysql-sample/ReplaceInto.scala at master · ara-ta3/scalike-jdbc-mysql-sample · GitHub

冒頭でテーブル名などをcase classに・・・と書きましたが、
case classをOR Mapperのように使えるようにする仕組みがScalikeJDBCには用意されているので、
そのあたりを活用します。

http://scalikejdbc.org/documentation/sql-interpolation.html#sqlsyntaxsupport

こんな感じのcase classとobjectです。

case class UniqTestRecord(
    id: Long,
    otherId: Long
)

object UniqTestRecord extends MySQLSyntaxSupport[UniqTestRecord] {
  override val tableName = "uniq_test"
}


class MySQLSyntaxSupport[T] extends SQLSyntaxSupport[T] {
  override def connectionPoolName: Symbol = Hello.connection
}

困ったこと

最終的に書きたいクエリはこんな感じなのですが、
カラム名とテーブル名を渡す方法がわかりませんでした。

REPLACE INTO uniq_test (id, other_id) VALUES (?, ?);

調べたところ

  • テーブル名
    • UniqTestRecord.table
    • SQLSyntaxSupportのtableというプロパティ
  • カラム名
    • UniqTestRecord.column.hoge
    • other_idなら UniqTestRecord.column.otherId

みたいな感じでした。なのでScalaで書くとこんな感じです。

sql"""
              REPLACE INTO ${UniqTestRecord.table}
              (${col.id}, ${col.otherId})
              VALUES (?, ?)
        """

最終的に書いたコードがこちらです。
mainの部分はREPLACE INTOのクエリを2度発行して、
最後にSELECT *を1度投げるという流れです。

package com.ru.waka

import scalikejdbc._
import scala.util.control.Exception.catching

object ReplaceInto {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    val data1 = Seq(
      Seq(1, 2)
    )
    val data2 = Seq(
      Seq(1, 2),
      Seq(2, 3)
    )
    val connection = Hello.connection
    val col        = UniqTestRecord.column
    val s          = sql"""
              REPLACE INTO ${UniqTestRecord.table}
              (${col.id}, ${col.otherId})
              VALUES (?, ?)
        """
    NamedDB(connection) localTx { implicit session =>
      catching(classOf[Throwable]) either {
        s.batch(data1: _*).apply()
        s.batch(data2: _*).apply()

        val u = UniqTestRecord.syntax
        val rs = withSQL(select.from(UniqTestRecord as u))
          .map(rs => (rs.long(u.resultName.id), rs.long(u.resultName.otherId)))
          .list()
          .apply()
        println(rs)
        // List((1,2), (2,3))
      }
    }

    ()
  }
}

case class UniqTestRecord(
    id: Long,
    otherId: Long
)

object UniqTestRecord extends MySQLSyntaxSupport[UniqTestRecord] {
  override val tableName = "uniq_test"
}

実際に実行してみましょう。

[info] Running com.ru.waka.ReplaceInto
[DEBUG] [2019/06/14 19:46:50.151] [run-main-0] - Registered connection pool : ConnectionPool(url:jdbc:mysql://127.0.0.1:3306/test?characterEncoding=UTF-8, user:root) using factory : <default>
[DEBUG] [2019/06/14 19:46:50.533] [run-main-0] - SQL execution completed

  [SQL Execution]
   REPLACE INTO uniq_test (id, other_id) VALUES (1, 2); (2 ms)

  [Stack Trace]
    ...
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$2(ReplaceInto.scala:24)
    scala.runtime.java8.JFunction0$mcV$sp.apply(JFunction0$mcV$sp.java:23)
    scala.util.control.Exception$Catch.$anonfun$either$1(Exception.scala:252)
    scala.util.control.Exception$Catch.apply(Exception.scala:228)
    scala.util.control.Exception$Catch.either(Exception.scala:252)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$1(ReplaceInto.scala:23)
    scalikejdbc.DBConnection.$anonfun$localTx$3(DBConnection.scala:335)
    scalikejdbc.DBConnection.rollbackIfThrowable(DBConnection.scala:300)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx(DBConnection.scala:329)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx$(DBConnection.scala:324)
    scalikejdbc.NamedDB.localTx(NamedDB.scala:20)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.main(ReplaceInto.scala:22)
    com.ru.waka.ReplaceInto.main(ReplaceInto.scala)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:62)
    ...

[DEBUG] [2019/06/14 19:46:50.540] [run-main-0] - SQL execution completed

  [SQL Execution]
   REPLACE INTO uniq_test (id, other_id) VALUES (1, 2);
   REPLACE INTO uniq_test (id, other_id) VALUES (2, 3); (3 ms)

  [Stack Trace]
    ...
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$2(ReplaceInto.scala:25)
    scala.runtime.java8.JFunction0$mcV$sp.apply(JFunction0$mcV$sp.java:23)
    scala.util.control.Exception$Catch.$anonfun$either$1(Exception.scala:252)
    scala.util.control.Exception$Catch.apply(Exception.scala:228)
    scala.util.control.Exception$Catch.either(Exception.scala:252)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$1(ReplaceInto.scala:23)
    scalikejdbc.DBConnection.$anonfun$localTx$3(DBConnection.scala:335)
    scalikejdbc.DBConnection.rollbackIfThrowable(DBConnection.scala:300)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx(DBConnection.scala:329)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx$(DBConnection.scala:324)
    scalikejdbc.NamedDB.localTx(NamedDB.scala:20)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.main(ReplaceInto.scala:22)
    com.ru.waka.ReplaceInto.main(ReplaceInto.scala)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:62)
    ...

[DEBUG] [2019/06/14 19:46:50.574] [run-main-0] - SQL execution completed

  [SQL Execution]
   select uniq_test.id as i_on_uniq_test, uniq_test.other_id as oi_on_uniq_test from uniq_test; (2 ms)

  [Stack Trace]
    ...
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$2(ReplaceInto.scala:31)
    scala.runtime.java8.JFunction0$mcV$sp.apply(JFunction0$mcV$sp.java:23)
    scala.util.control.Exception$Catch.$anonfun$either$1(Exception.scala:252)
    scala.util.control.Exception$Catch.apply(Exception.scala:228)
    scala.util.control.Exception$Catch.either(Exception.scala:252)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.$anonfun$main$1(ReplaceInto.scala:23)
    scalikejdbc.DBConnection.$anonfun$localTx$3(DBConnection.scala:335)
    scalikejdbc.DBConnection.rollbackIfThrowable(DBConnection.scala:300)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx(DBConnection.scala:329)
    scalikejdbc.DBConnection.localTx$(DBConnection.scala:324)
    scalikejdbc.NamedDB.localTx(NamedDB.scala:20)
    com.ru.waka.ReplaceInto$.main(ReplaceInto.scala:22)
    com.ru.waka.ReplaceInto.main(ReplaceInto.scala)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
    java.base/jdk.internal.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:62)
    ...

List((1,2), (2,3))

debugログからREPLACE INTOのクエリが走ってるのがわかりますね。
よかったよかった。
ちなみにdebugログが出ていますが、
これは依存に "org.slf4j" % "slf4j-log4j12" % "1.7.25" を追加して、
resourcesディレクトリにlog4j.xmlを追加してあげるとライブラリが流れたクエリをdebugログで出してくれます。

log4j.xmlのサンプル
どっかから丸コピしたので全く考えられたものではないです(突っ込まないで)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE log4j:configuration SYSTEM "log4j.dtd">
<log4j:configuration xmlns:log4j="http://jakarta.apache.org/log4j/" >

    <appender name="stdout" class="org.apache.log4j.ConsoleAppender">
        <param name="target" value="System.out" />
        <layout class="org.apache.log4j.PatternLayout">
            <param name="ConversionPattern" value="[%-5p] [%d{yyyy/MM/dd HH:mm:ss.SSS}] [%t] - %m%n" />
        </layout>
    </appender>

    <root>
        <level value="debug" />
        <appender-ref ref="stdout"/>
    </root>
</log4j:configuration>

まとめ

  • ScalikeJDBC素のクエリもわりと簡単に投げれそう
  • debugログ便利

Splathon#10にAjitoonで参加してきた感想

Splatoonの記事しか書かないエンジニアです。こんにちは。
GW入ってターミナル触ってなかったんですが、さっきdockerコマンド叩きました。
令和元年の5/1にSplathonの第10回目のイベントがあって参加してきました。
9回目の記事もあるのでぜひ見てもらえたら嬉しいです。

arata.hatenadiary.com

試合はtwitchで配信されていて、
アーカイブも残ってるので気になる方は見てみてください!

www.twitch.tv

みーくんさんに記事期待してますからね!とか言われましたけど、
もともと書くつもりだったしそのためじゃないんだからね!!!///

SplathonXに来たときの感想

あぁ〜今回もこんな感じか〜(またやべぇとこに来てしまった・・・
対戦ができる卓が6卓あり、選手用には全てにモニターが設置され、
観戦用のプロジェクターかモニターが設置されており、
選手はチームメイトとボイチャで会話ができるようにヘッドホンが設置されていました。
前回はボイチャのヘッドセットは全ての卓にはありませんでしたが、
今回は全てそうなっててまたやべえところに来てしまったという感じになりました(小並感

Ajitoon試合結果

結果から言うと決勝トーナメントまで行けて、
最終的にはベスト4でした。

Splathonはスイスドロー式で4戦し、
その後TOP8チームがトーナメントに入るというような形です。
今回自分のチーム、Ajitoonの4戦は3勝1敗で9Pointsで初めの4戦では5位になりました!

初めの3試合で3勝したのがAjitoonだけだったので、
3試合終了時では瞬間一位を計測できましたw
やったぜ!!

AjitoonはSplathon第7回から参加していて、
大体中盤あたりにいたんですが、
トーナメントまではいけなかったので、
トーナメントに行くことを目標にしていました。
その結果チームの一言はこんな感じになりました。

f:id:arata3da4:20190505225307p:plain
Ajitoon

決勝トーナメントまでどうにか行けたので良かったです。
行くだけではなく1勝できたのでなお良かったです!
最終的な気持ちはこんな感じです。

試合の軽い振り返り

動画もし出たら振り返りたいなぁと思いつつ、
思い出に残ってる限りで振り返ろうかなと思います。
配信で残っているのが1ターム?の1試合目と4タームの3試合目だったので、
そのへんだけ書いておこうかなと思います。

1試合目 VS dentoon

2勝0敗

https://www.twitch.tv/videos/418685340?t=00h51m40s

この試合はふわっふわっしすぎてて少なくともエイムがひどかった。
最後の打開のナイスダマ、相手が2人しかいないのにはいたのは良くなかった。
初戦はスポーツと一緒でアップがないとなんかよくわからなくなりますねw

2試合目 VS WAVE4

2勝0敗

無我夢中で何も覚えてないので動画がもし出たら思い出そう・・・w

3試合目 VS ぴぎまる水産

2勝0敗

オートロのナワバリは最後全員落として勝てたのでよかった

ヤグラは最後自分がナイスダマ外したら負けみたいな感じだったので、
本当にプレッシャー感じてましたw

4試合目 VS 人生の春休みキッズ

前回のSplathon9で夏休みだったチームが春休みを迎えてまた戦うことに・・・!w
しかし結果は0勝2敗

https://www.twitch.tv/videos/418685340?t=05h21m24s

ナワバリでは、左3枚来てる助けて〜って言ったら、
右のスクイクに無限にやられてるって聞いて、
あぁ・・・さんこさんか・・・じゃあ厳しいね・・・ってなった記憶あります。
あと中盤から終盤あたりにかぼすさん(スクスロベッチュー)が後ろから入ってきたあとに、
さんこさんのスフィアに合わせたチャクチにやれれて一気に心折れそうになりましたw
ホコでは、かぼすさんが初め自陣に入ってきて、めちゃくちゃ圧かけられてしんどかった
もうどこにいても確2で倒してくるかぼすさんがつらかったw
かぼすさん弱体化はよ!!

決勝トーナメント1試合目 VS からまりまきあーと

2勝0敗

この辺なってくる朝から起きてて体力が微妙だけどテンションでもってるみたいな感じだったので記憶が曖昧w
動画がもし出たら思い(ry

決勝トーナメント 準決勝 VS 都立道玄坂高校イカ部(仮)

1勝2敗

まさかのナワバリを引かれてしまって焦ったが、なぜかナワバリで勝てた試合
最後のオールダウンがアツかった
エリアは自分のエクスが落とされなければ行けたかもしれないので悲しかった
モズク農園のリッター怖すぎワロタ

SplathonXを終えて

トーナメントに行けたのは本当に嬉しかった!
そしてトーナメントの試合はどれも激アツで眠くなってしまった体が一瞬で目が覚めるなどしていましたw
Splathonに参加するごとに徐々に徐々に順位を上げて、
同じウデマエ帯なら連携力で上をいけるという自信がついた気がします。

ただ、前回も思ったことで、
毎度トーナメントに出てくるめちゃくちゃ強いチーム(今回負けたところなど)にはまだまだ勝てなくて、
おそらくこれは個々の強さを上げないといけないなというのは再度思いました。
懇親会で、猛者たちのプラベに入って揉まれるとかされるといいかもと言われたので、
#boshuのプラベに入ったり、ガチマをfeedbackしてもらうとかしていくともっと上にいけるのかな〜とか思ったりしましたとさ
ベスト4まで来たので次回はもう優勝していくしかない!

最後に、運営の皆さん本当に楽しいイベント作って頂いてありがとうございました!!!
単にアツい試合が楽しかったし、それを最大限楽しめる環境を作ってもらえたし、
いくつかオンラインのイベントに参加したおかげか懇親会で色んな人と話せてよかったです!
Splathon最高!マンメンミ!!